コメントは受け付けていません。

国内市場の縮小と海外展開


現在の食品業界の動向を見ていきたい。
現在、大手メーカーはM&Aを活用し、次々と海外に進出している。生産拠点はアメリカ、オーストラリア、シンガポール、台湾や東南アジアなどが多い。海外に拠点を移す理由は、国内の円安による原材料の輸入価格の高騰だ。海外で生産することにより、生産コストを抑えることが出来る。また、国内の市場規模は微増傾向にある。

しかし、国内の人口減少や少子高齢化により長期的にみると市場規模が縮小していくと予測されている。そこで、海外に子会社を設立することにより、海外での市場開拓を目指す食品メーカーが現れた。

2020年の東京オリンピック開催決定の追い風もあり、今後さらに海外の日本食ブームが加速していくと予想されている。食品メーカー各社もその流れに乗り、海外展開しやすい状況になっている。そこで、現地のマーケティングが非常に重要になってきている。

国ごとの文化や生活様式に合った販売戦略を立て、その国の商品との差別化を考えて展開していかなければならないからだ。そのためには現地での調査が必須となってきる。日本企業は日本人をトップに据え、日本式のマーケティングを展開しがちであるが、現地に通じた人材に経営を任せ、事業を行っていく必要があるだろう。

日本の食品メーカーの海外進出により、食業界での日本食の地位が向上していくことに期待が高まっている。

コメントは受け付けていません。

栄養補助食品の拡大


サプリメントや健康食品などの栄養補助食品は、近年において注目が集まっている。

健康意識が高まっている現代においては、多くの人がサプリメントなどの栄養補助食品を摂取している。市場規模に関しても年々拡大しており、多くの会社が参入している。提供している食品は、各会社で異なるので確認しておく事が大切だ。

栄養補助食品を効果的に摂取する事で、健康の維持及び増進が可能となっている。効果を高めるためにも、自身に不足している栄養素を把握しておく事が重要となる。ビタミンなどに関しては肌をきれいにする効果があるので、肌荒れを気にしている方は積極的に摂取する事が大切だ。

栄養補助食品を有効に活用する事で、美肌なども期待できるので、正しい知識を得た上で摂取する事が重要となる。もちろん、食品によってはアレルギー反応を示すものもあるので、注意が必要となってくる。

サプリメントであれば、そのような心配はほとんどない。サプリメントに関しては手軽に入手できますので、需要が高まっている。栄養補助食品の業界は、数多くの商品が販売されており将来が期待されている市場であるが、大手の食品メーカーなども参入しており、さらなる拡大が期待される。

また最近は、ネイチャーフードが注目を集めており、こういった飲食店も増えている。

コメントは受け付けていません。

日本食の安全性


日本の食文化は歴史が深く、日本ならではの和食は最近では世界的なブームを巻き起こすほどの人気となっている。

理由も様々で、健康的、さっぱりして食べやすい、おいしい、ヘルシー、などを理由として挙げる事が出来る。世界中の多くの人々から受け入れられている、和食は日本の誇るべき食文化といえるだろう。

そもそも、なぜ日本の食が世界から注目されているのか。
やはり一番に出てくる答えが、すべてにおいて「安全」だから、というものであろう。
そのような世界有数の食文化を誇る日本で、品質、安全性を守り、食の高度なレベルを保つ事が出来ているのは、やはり日本の食業界があってこそだ。実際に食業界で働く事に魅力を感じる人が多いのも、納得できる事実である。

食に対する日本人のこだわりは、昔から今も受け継がれているが、まさに現在先頭に立って、その食文化を担っている業界である。

食業界の概要としては、どのようなものがあるか。
大きく3つに分ける事ができる。

一つは研究。その中には食品分析、安全性試験などが含まれる。
二つ目は商品開発。安全な食材を、今度は世間のニーズに合わせていかにおいしいと評価してもらえるか。商品を開発する。
三つ目は商品生産。開発出来た安全でおいしい食品を多くの人に行き渡るよう、工場の管理や品質保証を手掛ける段階だ。

このように日本での食関連の業界は徹底した管理の基に成り立っている事を知ると、ますます日本の食を支えるこうした業界の努力に感謝出来るであろう。

コメントは受け付けていません。

食品の歴史


私達の生活に欠かせない基本的な要素として、“衣食住”がある。
その中でも重要な位置を占める“食”を支えているのが食業界だ。食に関する業界の概要をおおまかに述べてみたいと思う。

日本で稲作が始まったのは縄文時代であると言われている。
やがて、食品を蓄える事が可能になり、食べものの物々交換が始まった。708年には和同開珎という貨幣が登場し、日本での通貨の始まりとされている。以後、食品は通貨でやりとりされ、食業界が生まれたのだ。

食に関する業界はおおまかに3つに分けることが出来る。
農畜産業と食品製造業、そして飲食業。農畜産物には米、野菜等の植物から、牛や豚、鳥といった食肉、または牛乳等の生産がある。食品製造業について見てみると、今日、原材料を加工した食品、飲料を販売するメーカーは多数ある。

食品工業は2つに分類することができ、一つは“食品製造業”で、もう一つは“飲料、たばこ、飼料製造業”だ。飲食店には高級な日本料理を提供するお店からファーストフード店まで、多種多様な料理を提供する店舗があり、店舗での料理提供だけではなく、家庭へのデリバリーやケータリングといった様々な形態がある。

また近年では、食業界専門の経営コンサルティングが注目されています。多様化するニーズの中で、よりよいサービスの提供が期待されている。

1

食品メーカー?MLM


意外かもしれないが、MLM、いわゆるマルチと呼ばれる企業は、海外では列記としたビジネスとして成立している。上場している企業もあり、食品メーカー並みの安定性があると評価を受けているのだ。

Nu Skinは1984年、有害な成分を一切使用せず高品質な製品を作り、若々しさを保つという理念のもとにスタートした。
ネットワークマーケティングシステムという販売方法により、ニュースキンと契約した個人(ディストリビューター)を通じて製品を消費者へダイレクトへ流通させている。ニューヨーク証券取引所に上場しており、トップクラスの信用格付けを得ている。

ニュースキンの事業内容は大きく分けて3点ある。

まずパーソナルケア商品である。
「あなたにとって良いものだけを」という理念のもと、上質な美しさにこだわった魅力あふれる製品づくりをしている。

次にエイジングケアを内側からサポートする栄養補助食品。
自然の恵みとサイエンスの融合は開発原料選びから製品化まで6つのプロセスでチェックする独自の品質管理を行っているファーマネックスならではの高品質な商品である。

また人々の快適な生活に役立つインターネット関連サービスも行っている。
製品ラインアップは300アイテム以上、世界52の国と地域で多くの方に支持されているダイレクトセリングの会社として、民間の企業信用格付け「5A-1]という高い評価を受けている。業界のリーディングカンパニーへより良い製品と堅実なビジネスチャンスを提唱する会社として安定した成長を続けている。

コメントは受け付けていません。

食品メーカーの世界進出


現代の食業界は、生の原材料を購入して、工業規模で食品を製造し、製品を販売するメーカーが主をなしている。
飲料メーカーも同様だ。メーカーは、食品や飲料製品を販売して収益をあげており、食品、飲料メーカーは、製造施設である工場を建設して原材料を入手して加工し卸売、小売の流通にのせる。消費者が食品を手にするプロセスは、他の製造業と似ているが、食品メーカーの特徴は、生ものを加工して販売している点が特徴的。生ものを取り扱う点から、生産数量が原料の豊凶により左右される事、生ものが原料である事により保存が困難である事、そして消費者が口に入れるものとなるので、必ず安全でなくてはならない。

現代の食業界の概要では、国内の主要メーカーは、外国から輸入した材料を加工して販売している。しかし、国内は少子化が進み需要が頭打ちの感がある為、主要メーカーは国外に食品販売などの市場を求めているといえる。急激な発展途上国の経済成長に伴い、世界的に食料の需要が高まり、長期的視野の見解から、将来原材料高騰は上昇傾向にある。原材料の調達を輸入に頼っているメーカーが、その費やした費用をいかに販売価格に組み入れるかが、メーカーの成長の分かれ目になる。

今、国内の食品メーカーは、国内にとどまらず国外で生産工場を確保して、市場開拓を展開している。
主要メーカーの、日本にとどまらない世界的な進出が、食業界の現状だ。

1

食品の安定感


食品業界は超安定ビジネスと言われる。需要が落ち込むことは基本的に考えづらいからである。
世界的な投資家ウォーレン・バフェットも食品業界中心に運用しているし、GE史上最高の経営者ともいわれるジャック・ウェルチも、食品企業を買収しなかったことが私の唯一の失敗だったとこぼしているほどである。

ただ、食品と言っても多様なビジネスが存在する。主食となるような米・パン・調味料などを扱う会社は非常に安定しているが、ぜいたく品や健康食品やサプリメントなどを扱う会社は、少し位置づけが違ってくる。扱う製品の種類を見極め、安定性を判断することが非常に大きい要素と言える。また、飲食店は食品ビジネスには含まない。飲食店は食という括りでは一緒であるが、ビジネスモデルが全く異なっており、どちらかというと景気に左右されやすい業種である。また、配当や優待も手厚いことで知られる。新興企業が少なく、ブランドが確立してしまえば逆転するのは容易ではない。

このように、ビジネスを展開する側、投資する側の双方にとって魅力的な食品ビジネス。
海外の需要も期待できることから、上昇トレンドは続くとみられ、長期的な運用をしていきたい方には特におすすめの業種である。

Random Posts 最近のコメント

  • ねっと Says:

    マルチといてそんないいイメージがなかったんですけど、海外では普通だなんてビックリしました。日本だとどうしてもイメージが悪く思われがちだけど、海外では上場までして、ビジネスとして成長しているんですね。勝...

  • michi5 Says:

    食品業界って天候なんかに左右されて不安定なものかと思ってましたが、なるほどたしかにパンやコメなどの需要が大幅に減るということはあまり考えられませんから、安定しているんですね。 僕も食品業界で投資を考...

タグクラウド